新着情報

Home > 新着情報 > 熱中症予防のために

新着情報

熱中症予防のために

マスクは、ウイルスをうつしあわないための防護壁の役目、鼻から顎まで顔にしっかりフィットさせて装着しなければ意味がありませんね。
でも、マスクの中は、熱と水蒸気がこもりやすく熱中症のリスクが高まります。
この暑さの中では、3密(@密閉、A密集、B密接)の場所に行くときだけは、マスクをしましょう。屋外では人との距離が2メートル以上確保できる場合は、マスクは不要です。
熱中症を疑った時は、
@すぐにマスクをはずす
A涼しい場所へ急いで移動
B体にこもった熱を逃がす(衣服をゆるめる、濡れたタオルや保冷剤で冷やす)
C塩分を含む飲料を飲ます(イオン飲料、経口補水液)

「子どもたちを熱中症空守るための日本小児科医会からのメッセージ」

熱中症予防×コロナ感染防止で「新しい生活様式」を健康に!

投稿日時 : 2020年8月11日 19:05