ドクターズアドバイス

ドクターズアドバイス

No.40 コロナ対策〜今年の春休みを、どう過ごそう〜

H32.7.6更新

熱が3日目、でも病院に行ったらコロナの人がいるかも・・・
待ってた学校再開、でも体調がすぐれない、なんだか不安・・・
見えない不安に押しつぶされて、ストレスが爆発しそう・・・

コロナ禍で疲れがたまっていませんか?

みんなでコロナを乗り越えよう!
静岡県小児科医会からのメッセージを紹介します。

1.あたり前の健康を!

  • 乳幼児健診、予防接種を予定どおりに
  • ハミガキや検診で歯も大切に
  • 定期受診の必要な病気を後回しにしないで

2.こころの健康を!

  • あふれる情報に振り回されないで
  • ご家庭・お友達とたくさんお話しを
  • 健康についての心配事はかかりつけ医に相談を

3.病気かなと思ったら・・・

  • カゼをひいたかなと思っても慌てずに
  • 4〜6日程度を目安に改善がなければまずかかりつけ医に相談を
  • 苦しければ(辛ければ)、ムリをして家でがんばらずにかかりつけ医に相談を
みんなでコロナを乗り越えよう!

コロナとともに生きる基本の感染対策

まめな手洗い、手指消毒

でも気を付けて。アルコールは手荒れの原因になることも。
外出からの帰宅時や食事前に、流水と石鹸の手洗い習慣を!

夏のマスクは?

気温・湿度の高い中でのマスク着用は要注意!
熱中症の危険が高まり、口の渇きも感じにくくなるため危険です。
人との距離が保てる場所では外しましょう。

特に2歳未満は、マスク下に熱がこもり、体温調節も苦手なため、
熱中症のリスクが高まります。顔色もわかりにくくなります。
2歳未満は(2歳以上でも状況を見て)、マスクは不要です。

密閉対策

冷房中でも、2方向の窓を、1時間に2回、数分程度、全開に。
車のエアコンは外気モードに。

密集対策

人とはお互いの手が触れないくらいの距離(2m)を保ちましょう。

密接対策

人との距離を保ち、エレベーターなどでは会話や携帯通話を控えましょう。