ドクターズアドバイス

ドクターズアドバイス

No.36 夏が来た! 熱中症に気をつけよう。

H31.6.24更新

「日本気象協会発表!2019年の気温傾向と熱中症傾向」では、6月の気温は、全国的に平年並か高く、蒸し暑く感じる日が多いでしょう。

7月から8月にかけての気温は、広い範囲で平年並で、猛暑になる日もありそうです。気象情報から浜松の熱中症患者予測を見ると、6月から警戒レベルの日が増えています。

特に気温が高くなくても湿度が高い時は要注意! 今年は5月後半から熱中症による救急搬送が急増し、静岡県では昨年の3倍を記録しています。子どもは体温調節機能が未熟なため熱中症のハイリスクです。自分の言葉で体調変化を表現できない分、周囲の大人が気を配ることが大切です。

1.水分補給は必須です

水分を多く含む食事や、計画的にこまめな水分補給をおこないましょう。

2.熱や日ざしから守ろう

熱のこもらない素材や薄い色の衣服を選んだり、外出時には帽子など涼しい工夫が大切です。

3.地面の輻射熱に気をつけよう

イラスト:家族背の低さやベビーカーの利用などで地面に近い場所にいる小さな子どもは、地面からの照り返しにより、背の高い大人より高温環境になります。例えば、大人の顔の高さで32℃の時、子どもの顔の高さでは35℃。

4.危険!車内に子どもを残さないで!

日本自動車連盟(JAF)のテストでは、夏の車内はエアコンで適温に保たれていても、エンジンを停止させ5分経過した時点で車内温度は約5℃上昇し、15分後には熱中症指数が危険レベルにまで上昇!

子どもをチャイルドシートに乗せてから、運転席に移るまでの間に「子どもが誤ってロック操作をした」ための閉じ込めも報告されています。車を降りる際は、必ず鍵を持って降りましょう。車内では10分でも熱中症のリスクです。

5.室内でも油断しないようにしよう

窓が開いていても、無風状態では熱中症になることが! エアコンや扇風機を上手に活用しましょう。

6.子どもの異変は、周りの大人が気にかけよう!

残暑の続く秋ごろまで油断ができない熱中症。体調の変化に気を付け、予防と対策を心掛けましょう。